FC2ブログ
1ギガ525円!チカッパ!レンタルサーバー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱新BDレコーダー「DVR-BZ200」 

AVCREC録画にも対応した、三菱新BDレコーダー「DVR-BZ200」レビューが紹介されています。

増田和夫が徹底チェック~三菱新BDレコーダー「DVR-BZ200」を検証(前編)
増田和夫が徹底チェック~三菱新BDレコーダー「DVR-BZ200」を検証(後編)

編集機能はかなり割り切られており、部分削除とタイトル分割のみ可能。編集精度はGOP単位になる。AVCHDカメラからの取り込みを考えると、フレーム単位のプレイリスト編集やタイトル結合が欲しいところだ。また、チャプターマークの打ち込みもGOP単位になるが、録画、再生時にも打ち込みが可能だ。



これといって特筆する機能はないですが、AVCREC録画対応機販売がPanasonicと三菱になったという位でしょうか。

三菱 DVR-BZ200
スポンサーサイト

気になるのはHD DVDよりRD 

なお、現行のDVDプレーヤー及びレコーダーについては、従来どおり事業を継続してまいります。

(東芝:プレスリリース (2008.2.19)より)
とアナウンスされていますが、

新製品の開発は行われず、「VARDIA」シリーズにも新たなHDメディア対応機が登場しなくなることになる。そうなると気になるのが、Blu-ray Disc製品を今後展開するかだが、「現在のところ、BD製品を手掛ける予定はまったくない」と西田氏はコメントしている。

(BD製品展開は「検討していない」――東芝 西田社長 - ITmedia +D LifeStyle)

RDのユーザーは、特に編集面では高機能とは言えないSONYやPanasonicのBDレコーダー
を使用するしか選択肢が無くなってしまうのでしょうか。

東芝はいつまでHD DVDに固執するのだろう 

HD DVD陣営よ、引き際を知れ--消費者のために規格戦争の早期終結を:コラム - CNET Japanより、

関係者以外の私たちにとっては、正直なところ、内輪の争いにすぎない。2年間にわたって双方の主張と相手への反論に耳を傾けてきて、私はまったくもってうんざりしている。不快なまでに大げさな自己弁護という点では、両陣営とも有罪だ。


今まで、私は新しいプレーヤーにアップグレードするのを我慢してきた。このばからしい規格戦争の行方がはっきりしないからだ。思い起こせば、VHS対 Betamaxの規格戦争は貴重な教訓を与えてくれた。まっとうな感覚の持ち主なら、敗者の規格に縛られたくはないだろう。だから、片が付くまで傍観して待つのが賢明というものだ。


RDのユーザーも、積極的にHD DVDに残したいと思わないでしょう。

BD録画をメイン、読み込みはHD DVD、HD REC 、AVCRECにも対応した
RDを出してもらいたいところです。

DVD/HDDレコーダーに関するアンケート結果 

DVD/HDDレコーダーを利用していますか?--次世代レコーダーの可能性:コラム - CNET Japanの記事内の
あなたはデジタルレコーダーにどのような機能がほしいですか?
の回答結果を見ると、

1 大容量HDD
2 番組放送時間の変更・延長への確実な対応
3 多様なディスクの規格への対応
4 BS/地上波デジタルチューナー内蔵
5 録画と編集を同時に行える
以下10まで続く。

大抵は今のレコーダーで搭載されてる機能が多いと思いますが。
ただ、全ての機種がアンケート結果の機能全てを搭載してるわけではありませんけど。

個人的に望む機能としては、
・コピー保護機能完全撤去
・HDDの故障で全ての動画が消えるのを防ぐ機能。< br>・PCの外付けHDD内の動画を再生
・過去のTV番組をTV局から購入しHDDのダウンロード可。< br>・VHSを高画質で再生してHDDに取り込む機能。(既存の機種は簡易再生で画質がよくない)

といったところでしょうか。

使いやすさや画質、機能などを中心にあなたにぴったりのDVDレコーダーを選ぼう

VHSデッキを意識したシャープ「AQUOSブルーレイ レコーダー BD-AV1/BD-AV10」 

<増田和夫が考察する>シャープ「AQUOSブルーレイ レコーダー BD-AV1/BD-AV10」は21世紀ビデオになるか?:デジタルARENAより、

筆者が考えるVHSデッキの優れている点とは、
1.メディアがシンプルで何度でも使える
VHSの種類は繰り返し録画できるカセット1種類のみ。DVDは規格の乱立でメディアごとに機能が異なり、理不尽な制限が多い。
~中略~
5.ダビングの必要がない
一度HDDに録画してから、さらにDVDにダビングするのは面倒。
6.録画時間が長い
VHSテープに最大8時間も録れる。DVDでは標準画質で2時間程度しか録れない。DVDに8時間録ろうとすると画質が極端に落ちてしまう。


DVDレコーダーでは、メディアの録画可能時間が少なく、
書き換えのできるメディアのみを念頭に設計されなかった点が
VHSデッキからみれば不便な仕様になったという点は同感です。

編集は、なんと! 消去のみというシンプルさだ。チャプターも打てずCMカットなどもできない。録画ファン向けとは言えない仕様だが、ここまで割り切れば、ビギナーでも消去に迷うことはないだろう。(P.6)


いくらなんでも編集が全くできないのでは、
VHSの欠点まで引き継いでしまってると思うのですが。

いらないチャプタを消去して、メディアの残量を増やし、
増えた容量に新しい番組を録画できるようにして、
HDDに近い感覚で使用できれば、もっと魅力がある製品になったと思うのですが。

AQUOSブルーレイ レコーダー「BD-AV1」
AQUOSブルーレイ レコーダー「BD-AV10」



三菱DVDレコーダー「楽レコ」新シリーズ発表 

三菱、高速ムーブの速度が2倍になった3 in 1「楽レコ」
「楽レコ」、HDD/DVD/VHS一体型の新モデルを9月1日より発売。

「DVR-DV745」が11万円前後で9月21日発売、250GBの「DVR-DV735」が10万円前後で9月1日発売。

音楽番組のうち演奏シーンとそれ以外をチャプタ分割し、再生時に自動でつなげる「楽曲再生」機能を採用。


CMを除く本編のみのプレイリストや、CMのみ再生のプレイリストを自動作成する「オートカットi」も装備。録画したスポーツ番組などを再生する場合、盛り上がった部分のみを再生できる「ハイライト再生」も使用できる。


三菱はVHSは評判良かったのですが。
DVDレコーダーはあまりパッとしません。
今回の製品は新型液晶TVとの連携で購入層を拡大する狙いもあるのでしょうか。

一体型DVDレコーダーのVHSは簡易再生で安物VHSと画質が大差ないようなので、
VHS再生画質に力を入れたDVDレコーダーなら、かなり魅力があると思うのですが。


うちのSVHSの三菱BX500はまだ現役です。
VHSのデジタル化が終わるまで故障しないで欲しいところです。

MITSUBISHI 楽レコ DVR-DV740

次世代DVD、「2つの規格」  

次世代DVD、早くも乱売 店頭15万円「2つの規格」(Sankei WEB)

次世代DVDは記録時間が長く、高精細な画像を長時間録画できる特徴があるが、現行のDVD機に比べ高価なほか、規格分裂の影響で消費者が買い控えているとみられている。



2つの規格がある事自体世間は認知してるだろうか。
今のところ一般消費者は、映像を見る分にはDVD画質で満足してるんじゃないかと。

カギを握る映画産業はBDがやや優勢だ。



VHS,DVD,インターネットでも重要なコンテンツだったアダルト動画の動向も気になるところですが。

斎藤佑樹投手がプロに入団する頃には「ハンカチ王子観るならブルーレイ or HD DVD」なんて広告が、年配の主婦を呼び込んで主流機が左右されるなんて事になるのかも。

細木数子等・占い師の予想企画とか、やってみるのもどうでしょう。

図解HD DVDハンドブック
インプレスジャパン
柏原 裕(著)
発売日:2007-04




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。