FC2ブログ
1ギガ525円!チカッパ!レンタルサーバー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VHSデッキを意識したシャープ「AQUOSブルーレイ レコーダー BD-AV1/BD-AV10」 

<増田和夫が考察する>シャープ「AQUOSブルーレイ レコーダー BD-AV1/BD-AV10」は21世紀ビデオになるか?:デジタルARENAより、

筆者が考えるVHSデッキの優れている点とは、
1.メディアがシンプルで何度でも使える
VHSの種類は繰り返し録画できるカセット1種類のみ。DVDは規格の乱立でメディアごとに機能が異なり、理不尽な制限が多い。
~中略~
5.ダビングの必要がない
一度HDDに録画してから、さらにDVDにダビングするのは面倒。
6.録画時間が長い
VHSテープに最大8時間も録れる。DVDでは標準画質で2時間程度しか録れない。DVDに8時間録ろうとすると画質が極端に落ちてしまう。


DVDレコーダーでは、メディアの録画可能時間が少なく、
書き換えのできるメディアのみを念頭に設計されなかった点が
VHSデッキからみれば不便な仕様になったという点は同感です。

編集は、なんと! 消去のみというシンプルさだ。チャプターも打てずCMカットなどもできない。録画ファン向けとは言えない仕様だが、ここまで割り切れば、ビギナーでも消去に迷うことはないだろう。(P.6)


いくらなんでも編集が全くできないのでは、
VHSの欠点まで引き継いでしまってると思うのですが。

いらないチャプタを消去して、メディアの残量を増やし、
増えた容量に新しい番組を録画できるようにして、
HDDに近い感覚で使用できれば、もっと魅力がある製品になったと思うのですが。

AQUOSブルーレイ レコーダー「BD-AV1」
AQUOSブルーレイ レコーダー「BD-AV10」



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://capcollection.blog96.fc2.com/tb.php/134-a0f2d3e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。